【0042】『星新一』

 

ご存知、ショートショートの神様。

 

昨日、星新一さんの書籍未収録作が50編以上発見されたという

報道を目にしました。

私が小学生の頃、ふとしたことがきっかけで、“星新一”なる作家に

出会ってからというもの、それこそ寝るのも忘れ、夢中になって

読みふけっていたことを思い出します。

 

“ショートショート”とは短編小説よりもさらに短い小説のことで、

アイデアとセンスがとても重要で、なおかつ、結末のオチが必須です。

今でこそ、だいぶ認められるようになってきましたが、

当時は小説としてはあまり評価されていなかったように思います。

 

新潮文庫から「つぎはぎプラネット」の題で8月末に出版されるそうで、

絶対購入して、彼と再会したいです。