【0069】『無謀』

 

結果に対する深い考えのないこと。

 

昨日のお話しの続きになります。

降りてきたシンナー中毒の若者二人のうちの一人が私に近づくなり、

いきなりスパッとカッターナイフで切りつけてきました。

私の眉間の下、目頭辺りの鼻から鮮血が吹き出し、着ていたシャツが

血まみれに!!

 

血を見て気が動転したのもあって、無我夢中で彼らをボッコボコに。

シンナーのおかげで感覚がなくなっていたのか、殴っても蹴っても

ゾンビのごとく復活し、ヘラヘラ笑ってましたっけ・・・。

すぐさま、病院で縫合しましたが、危うく失明するところでした。

 

右側に車線変更してやり過ごせばこんなことにはならなかったのにと、

今さらながらに思います。

無謀な若者に無謀な対応したことを「若気の至り」で済ますのは、

まったくよろしくないですね。