【0088】『イエス様とお釈迦様<2>』

 

昨日のお話しの続きになります。

 

キリストが誕生した時、メシア(救世主)の出現を知らせる為に、

東方から3人の賢者(東の博士)が訪れました。

 

釈迦が生まれた時も神の降臨に気付いたヒマラヤのアシタ仙人が

誕生間もない釈迦の元を訪ね、「世界の王となる子が生まれた

ことを天上からお告げを受けて、私はここへやってきました。」

と述べたといいます。

 

賢人や仙人がその誕生を祝福し、礼拝に訪れているのですね。

 

キリストがヨルダン川で洗礼を受けてすぐに、砂漠で40日間、

「世界の王にしてあげよう。」と悪魔の誘惑に会いました。

 

一方、釈迦は尼連禅河(ネーランジャラー)で洗身したあと、

49日間、仏陀伽耶(ぶっだがや)の菩提樹の下で禅定していると、

「世界の転輪聖王にしてやろう。」と悪魔にそそのかされます。

 

二人とも悪魔の誘惑に打ち勝って悟りを開き、聖人となりました。

 

さらにお話しは続きますが次回に。

Visit

1-4-6 Kaneshita-cho

Moriguchi-shi

Osaka Japan 5700079

Call

TEL:06-6926-9126

FAX:06-6926-9128

HP:090-1954-7403

Copyright (C) 2009-20

by MORIKAWA SEIEI OFFICIAL WEBSITE

All Rights Reserved.

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus