【0097】『自己暗示』

 

自分でそう思い込むことによって、それが既定の事実であるかのような

意識を生じること。

 

短いスパンの運(ツキ)は自分自身でたぐり寄せることができます。

たとえば、一番わかりやすいお話をしますと、朝起きて最初に飲んだお茶

に茶柱が立っていたとします。

 

「おっ! これは何かの暗示かも。今日はきっと良いことがあるぞっ!」

この発想は一種の自己暗示的な感覚で捉えていると考えられます。

ただの迷信で片付ける人はその後の時間、何の拡がりも進展もなく一日が

終わってしまうことでしょう・・・。

 

自己暗示を意識して、日々を過ごすようにすれば運も開けていくはずです。

しかし、過度の自己暗示、いわゆる自己催眠はややもすれば危険を伴なう

ことがあるので注意が必要です。